うなぎの市場と斬新メニュー

移転しました。

 

こんにちは。
今回の投稿は企画・管理のYが担当です。

私は普段うなぎをもっと美味しく、身近に食べて頂くために当社ができることを考えて企画しています。
※それだけじゃないですけどね!


仕事柄、うなぎ市場というものをよく考えます。
業界ではよく言われる話ですが、うなぎ市場って10年前に比べて市場が10分の1くらいになっているそうです。
単純に考えれば、価格の高騰などを背景に消費者のうなぎ離れが進行したということなんでしょう。
またうなぎの稚魚の漁獲高が減少しており、資源の保全なんて言う側面もあります。

しかし本当にそれだけでしょうか。
僕は常々売り手側の問題も大きいと思っています。

例えば。
うなぎと言えばうな重などですが、やはりこれだと単価も高いし、わざわざ専門店に行ったりスーパーで買ってきてご飯に乗せたりする訳です。

もっと身近な食べ物として気軽に食べる道もあるのではないでしょうか。

前回僕が担当した記事では串焼きうなぎの話を書きました。
実はそれ以外にも色々あるようです。
うなぎの新メニューについて調べてみると、色々あります。
うなぎ蒲焼のサラダやら串揚げ、うなぎ蒲焼の卵とじなど。

皆さん思い思いの方法でうなぎを楽しんでるんですよね。
長年うなぎの蒲焼を扱っている当社だからこそ、こんな斬新?な食べ方は思いつかなかったです。

でもこれらの食べ方なら、一品あたりの消費量も少なく気軽に食べられますよね。


やっぱり専門店で食べるうなぎは趣があって美味しい。これは間違いありません。

でもやっぱりこれは最上級に贅沢な味わい方な訳で、お酒に例えるなら銀座の高級バーのカクテルの様なもの。
もっと焼酎やビール、ホッピーのような気軽な食べ方をご提案していきたいものです。

では。