関西風うなぎ蒲焼|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

移転しました。

こんにちは、営業のSです。

 

仕事でお付き合いのあるうなぎ屋さんがあり、普段は中京地区の量販店を中心に販売されているのですが週末に埼玉の量販店で限定販売されると聞き挨拶がてらお店に行ってきました。

その日は惣菜コーナーで愛知県産活鰻を蒲焼に焼いてましてさばく前の活鰻を売場に展示していました。

生きた鰻を直接見ることは少ないので足を止める方が多く、娘も初めての活鰻に興味津々なようで何度も見ていました。

蒲焼は「関西風」で、その他に骨唐揚げや肝焼きも並んでいて豪華なうなぎ売場でした!

 

うなぎ蒲焼は大きく分けますと「関東風」と「関西風」の2種類ありまして、さばき方と焼き方が大きな違いです。

関東風は背開きでうなぎを蒸して焼くのに対して、関西風は腹開きでうなぎを蒸さずに焼きます。

関東風は蒸しているのでふんわり柔らかく、関西風は直焼きなので表面がパリッと香ばしくどちらも違った美味しさがあります。

業務用のうなぎは基本的には蒸していますので焼き方は関東風ですね。

同じ蒲焼と言っても違うものを食べているように感じますので、機会があれば普段とは違うスタイルの蒲焼も食べてみて下さい。

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d