寝不足の時どうしてますか|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

こんにちは、営業のSです。

 

日本代表の活躍もあってワールドカップが盛り上がってきましたね~

昨日のセネガル戦の視聴率も高かったみたいですし寝不足気味の方も多いのではないでしょうか。

私もその中の一人です・・・

 

寝不足だからと言っても仕事や学校があれば休む事も出来ないでしょうから、疲労回復に効果的な食材を取り入れて少しでも寝不足を解消しましょう!

疲労回復にはビタミンB1クエン酸リコピン、鉄分などを含む食材を取り入れると効果があるようです。

ビタミンB1というと豚肉をイメージする方が多いと思いますがうなぎにも多く含まれています。

鉄分も豊富ですので、寝不足(=疲労回復)に効果的な食材と言えますね。

 

ワールドカップが盛り上がり、居酒屋やバーなどを中心に飲食店ではパブリックビューイングを実施するお店が増えるのではないでしょうか。

その時に新メニューとして寝不足に効果的なうなぎを置いてみてはいかがでしょうか!

箸を必要としない1本串でパブリックビューイングにはうってつけの食材ですのでぜひ一度下記をご覧ください!!

 

peraichi.com

 

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d

日本代表の勝負メシ!|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

皆様こんにちは Hです。

 

 

 

先日のW杯ご覧になりましたか?

 

ハーフタイムの時間帯、東京23区の水道の使用量が急激に増えたそうですが、東京のみならずたくさんの方がテレビ観戦されていたのではないでしょうか。

頑張る姿、素敵ですね。

 

前日はいつものように専属シェフ西さんのうなぎ料理を召し上がったのでしょうか。

90分間走り続けられるだけの栄養という点もありますが、新メニューなどではなくいつものルーティーンが大切なのでしょうね。

 

計り知れない努力の4年間だったと思うので、すべてを出し切って戦って欲しいです。

次は少し寝不足になりそうですが応援しています!

 

 

頑張れ日本代表!

 
 
 
 
 
業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易
飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!
 
★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

夏の季節感といえば?|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

こんにちは、営業のSです。

昨日父の日が終わって量販店・飲食店の次のビックイベントはついに「夏の土用の丑の日」となりました!!

問い合わせが増えてきて荷動きも徐々に増えています。

これからはうなぎメインの売場にガラッと変わるでしょう。

業務用として買っていく方も増えているので飲食店でも新メニューとしてうなぎの出番が増えるでしょうね。

 

夏の新メニューとして「夏越(なごし)ごはん」という行事食が話題になっているようです。 

※一年の前半の厄を払い、残り半年の無病息災を願うもので、粟や豆などが入ったごはんに茅の輪をイメージした夏野菜の丸いかき揚げをのせ、しょうがを効かせたおろしだれをかけたもの。

 

やはり季節を感じられるメニューはマンネリ防止になりますし、売上アップに繋がりやすいので使いたくなりますよね。

中でもうなぎは夏の代表的な食材です!

居酒屋や定食屋などどの飲食店でも簡単に季節感を出せるメニューになりますのでぜひ一度使ってみて下さい!

 

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d

土用の丑の日 |業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

 

経理担当のMです。

 

7月20日土用の丑の日ですが、

今月初め頃?から各社コンビニに土用の丑の日のパンフレットが置かれています。

某コンビニはうなぎ蒲焼重が定番で2,3種類、

その他にうな玉太巻やうなぎづくしと言う商品が有ります。

 

うな玉太巻は・・

うなぎと厚焼玉子、きゅうりを一緒にまいた太巻寿司、

 

うなぎづくしは・・

うなぎにぎりと太巻寿司がセットになっています。

 

どちらも食べた事は有りませんが、

うな玉太巻きは美味しそうなので食べてみようかと思います。

 

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d

露地池うなぎは飲食店様にこそおすすめしたい業務用うなぎです|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

「露地池うなぎ」のコンセプトについて改めてお伝えしたいと思います。

 

露地池うなぎは飲食店のメニューに最適化した規格です

  • 弊社では長年にわたって業務用のうなぎを取り扱っておりますが、過去から中心となる商品はいわゆる「長焼き」でした。
  • しかし近年うなぎの価格は高騰、一匹丸のままで販売することは金額的なハードルが高くなりましたし、何よりうなぎを求める顧客はうなぎ専門店に行ってしまいます。
  • そこで、もっと幅広い飲食店でうなぎをメニューに加えて頂けるよう、小ロットでアレンジの幅を持たせたのが、小串の「露地池うなぎ」なのです。
 

希少な商品であり、他の店舗との差別化が図れます

  • 「露地池うなぎ」が特別なのは、すでに串打ち済であること!
  • うなぎを割いてから串打ちまで行う作業は非常に手間がかかります。そのため串打ち済の小串規格を取り扱う事業者は数社しかありません。
  • 創業から60年以上、常に高品質なブランドとしてプロから選ばれてきた弊社のうなぎはどこよりもうまい、味にこだわったうなぎです。
  • 「中国産はタレが甘すぎる」、弊社だけでなくうなぎ好きの人は皆さんそうおっしゃいます。ですが弊社のうなぎは、老舗「大村醤油」製こだわりの国産タレを現地に送って使用していますので、他の中国産うなぎと比べても味の差は歴然です。

 

うなぎ串の集客力をお確かめください

  • 弊社のうなぎを仕入れて頂いたら、ぜひ店頭のポップや看板に「露地池うなぎ串あります」とアピールしてください。
  • 暑くなる季節。うな丼やうな重を食べに行くには相応の覚悟が必要ですが、気軽に食べられるうなぎ串ならばお店を探しているお客様にも訴求できます。
  • 以前の記事でも書きましたが、お父さん世代には特別な存在であるうなぎ。ぜひうまく活用頂き、集客にお役立ていただければ幸いです!

 

いかがでしょうか。露地池うなぎの魅力はたくさんありますが、今回は飲食店様における集客ツールとしての側面に着目してご紹介いたしました。

よろしければ下記に詳細が記載されていますので、ぜひご覧になってください。

 

peraichi.com

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d

 

 

 

 

男のだいどこ|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

先日、家内が夕方に所要ができて夕食の支度ができないことになった。

 

いつもなら車でトンカツでも食べに出かけるところだが冷蔵庫に「露地池うなぎ」の買い置きがあるので、それを食べることにした。

献立はビール、おつまみに冷奴とオニオンスライス。それに「露地池うなぎ」3串。

食後にピアゴで買ってきた吉野葛

30gの小串3本で如何にご飯を2杯食べるかにトライした?

 

 

1杯目は2串を使ってそれを4切れにする。それがお茶碗におさまりが良く食べ易い。

ごはんにタレを掛け、うなぎに山椒を振りかけて定番の食べ方でいただく。

 

2杯目は1串を使って、ひつまぶしで食べた。これも1串をカットしてタレ、ねぎ、焼き海苔を掛けて混ぜて食べる。お茶椀のご飯の量なら1串でちょうど良かった。

もし、ひつまぶしのお茶漬けをするなら、家庭にある顆粒状のだしの素、本だしの類を使えば簡単だ。

 

早い、簡単、美味しい三拍子そろった、自画自賛の「男のだいどこ」であった。

 

                            ~ しょうゆや 社長 ~

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d

 

 

 

 

 

父の日にうなぎはもはや常識!?|業務用うなぎ・飲食店向け新メニュー★うなぎ東和

うなぎのニュースを見ていて驚きました。

Amazonによる「父の日グルメギフトランキング」の一位はうなぎだそう。

二位がおつまみセット、三位がヨックモックのお菓子という無難?なラインナップなのを制しての一位。すごいですね。

 

前の記事でも少し触れましたが、今のお父さん世代にとってのうなぎというのはやはり特別なものなのでしょう。

 

昔ながらのぜいたく品の多くが日本の高度成長期を経て、当たり前に食べられるようになりました。

私は今30代前半ですが、60代の父母の話を聞くと「バナナは風邪の時だけ食べらる」とか「ステーキなんて食べたことなかった」とか。

※うちが貧乏だったのもあるでしょうけど。

 

最近ではバナナなんてスーパーですぐに買えますし、ステーキなども安くで提供している飲食店は数多くあります。

 

一方でうなぎはどうでしょうか。うなぎは資源量の減少のほか、海外需要が増加したことも影響して、一層高価で希少な食べ物になってしまっている感があります。

昔からのプチ贅沢であり、最近でもなかなか食べられない。奇しくもそんなノスタルジックで特別な位置を獲得するに至ったのがうなぎではないでしょうか。

 

父の日のプレゼントで迷っている方は、うなぎを送る。もしくはうなぎを扱う飲食店でごちそうすると、自分が思っている以上に喜んでもらえるかもしれません。

 

飲食店においても、気軽に食べられるプチ贅沢として、弊社の小串うなぎをメニューに加えて頂ければ、訴求力のある新メニューになること間違いなし!かもしれません。

 

 

www.tsuhannews.jp

 

業務用うなぎ(蒲焼)の東和貿易

飲食店様向けの新メニューとしてもおすすめです!

 

★★「露地池うなぎ」の特設販売サイトはコチラ★★

https://peraichi.com/landing_pages/view/wwd8d